LOG IN

リンパドレナージュ

by ito

ドレナージュ(drainage)は、排水とか排出という意味があります。

ではリンパとは?

ここで改めてざっくりと書いてみます。

まず、全身にはリンパ管という細い管が張り巡らされています。リンパ管は要所要所にリンパ節(首、骨盤、わきの下など)があります。リンパ管の中にはリンパ液が流れています。リンパ液は、その90%が毛細血管から染み出した血漿(水分)で、体内の組織から排泄された老廃物なども含みます。

リンパの役割

・体の組織から余分な水分を取り除くこと

・脂質を運ぶこと

・リンパ球などの免疫担当細胞を生み出すこと

・老廃物を運び除去すること

など

すごいのがリンパ球です。

リンパ節が風邪などで腫れるのは、リンパ節で病原体などの異物をせき止め、白血球やリンパ球が集まってきて、異物と戦っているからです。

リンパ球は一度体内に侵入した異物の性質を憶えていて、再度同じ異物が侵入した場合には抗体を作り体を守ってくれます。そしてリンパ球は寿命がきて死滅しても、記憶は次のリンパ球に受け継がれます。

なんと。

体のことを知れば知るほど、わたしの知らないところで、わたしには到底理解できないようなことをしてくれていて、恐れ多いような気持ちになります。使わせてくれてありがとう、体。

またリンパ管は皮膚の近くを走る浅(せん)リンパ管と体の深くを走る深(しん)リンパ管があります。

浅リンパの滞りは、シミ、シワ、たるみ、水いぼ、くすみ、

深リンパの滞りは、だるさ、冷え性、しびれ、不眠、痛み、コリ、の原因となると言われています。

そしてリンパ液は筋肉のポンプ作用で流れているので、筋量の少ない女性はむくみやすいということになります。

リンパも血流も運気も、滞りはできれば避けたいものです。逆に言えば、順調に巡っていればよさそうです。

ネットでみつけた文献によれば、指や足を軽く揉むだけでもリンパは流れるのだそうです。

四肢のリンパ管にカニューレーションすると、麻酔下では殆どリンパを採集できないが、指、足を軽く揉むだけでリンパは流れてくる。

リンパ管の7不思議 熊本大学名誉教授 小谷正彦

リンパは体の末端から心臓に向かって走っているので、始点で勢いをつけてあげればあとは勝手に流れていくということなのでしょうか。

で、リンパドレナージュは整体と違うのか、です。

これは先日、今まで数回整体をお受けになっていたお客様から、初のリンパドレナージュを終えた後に受けた質問です。

細かいところは色々違うのですが(まず着衣か脱衣かという大きめの問題もありますが)、そして全然違うでしょという突っ込みを覚悟で言い切りますが、大元は同じです。

身体はひとつです。

肩こりも腰痛も、そこだけの問題ではありません。

ヒトの体に触れる時は、森を見て木を見る、木を見て森を見るというのが大前提としてあります。

ここが疲れちゃったからこっちでカバーしようとしてるのかーとか。整体もリンパドレナージュも見る所は同じです。

そしてどちらも目的のひとつは、ゆっくりとした施術でリラックスして頂くことです。

と、今は思っています。

なお、リンパドレナージュなどオイルを用いるリラクゼーションを受けたことが無い方は、オイルをつけて直接触れられることに抵抗があるかもしれませんが、リンパドレナージュは求心性(心臓に向かって流す)で体への負担が少ない分、受けていて楽だと思います。

体の力の抜き方が分からないような方は、リンパドレナージュから試してみるといいかもしれません。

ちなみに、わたしは受ける側として整体から初めてオイルを使うトリートメントに移行した時は、上半身のみにしました。抵抗がない方は、初めから全身をお勧めします。リラックス具合もその後の楽さ加減も全然違いますので。(あでも、半身を試してみないと比べようがないですね。)

普段は深呼吸とか指を揉むとかして過ごして頂いて、他人の手を借りてみたいというときはご利用頂けると嬉しいです。

ご予約はこちらからどうぞ。→新潟市西区 いとう整体

女性限定の貸切りサロンです。(和室だけど)

OTHER SNAPS