LOG IN

不調を外から治す時代はおしまいです

by ito

こんにちは、いとうです。

前回に引き続き、不調のお話しです。

不調の原因が自分自身にある、ですけれど

そんなことは誰でも分かってることかもしれませんね。

でもわたしは当時、「何かが不足しているから、わたしには不調がある」と思っていたんです。

腹筋が足りないと思えば腹筋をし、食物繊維が足りないと思えば食物繊維を摂取し、水分が足りないと思えば水分を摂取するように、

自分自身を知ろうともせず、

自分がしていないことを追加しました。

正解は自分の外側にあると思っていました。

何かを新たに始めることに意義があると思っていました。

こう考えている人、多いんじゃないでしょうか?

でも、不調はすでにそこにあったんです。

つまり、不調が起こる原因も、そこ(私自身)にあったということ。

不調が起こる土壌を持っているのに、そこに別の習慣を加えようとすることってつまり、

トマトの苗を植えて、「沢山水をあげたらきゅうりになるかなー」

とやっているのと同じようなこと。

と言うとさすがに極端かもしれませんが、それ位に素っ頓狂なことをしていたんじゃないかなーと、今になると思うのです。

ですので、色々な情報を取り入れてみるというのは悪くないのですけど、

自分自身にも少しは意識を向けてみると、もう少し違ったものが感じられたんだよなぁと思います。

ちなみに、わたしは殆ど水を飲まない人だったので、便秘をきっかけに水を飲めるようになって良かったなと思っています。

OTHER SNAPS